お金をかけずにスッキリ統一感!ミニマリストのクローゼット収納術

お金をかけずにスッキリ統一感!ミニマリストのクローゼット収納術 暮らし

皆さんは、家のクローゼットでどのように物を収納しているでしょうか。

クローゼットをよく写真で見かけるような『スッキリとしたオシャレな収納』にしたいのに、

物が溢れてきてしまうんだ。

統一感を出そうと思うと、収納ボックスを買い揃えないといけなくて、お金がかかるのよね。

ひよこ
ひよこ

以前のひよこのクローゼットは、扉を開けると物が雪崩のように落ちて来ました(笑)

今回は、ミニマリストの私が実践している『お金をほとんどかけずにスッキリと統一感を感じられるような収納術』をご紹介します。

収納をオシャレにするなんて、収納グッズを同じ種類で揃えないといけないからお金がかかりそうと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、今回紹介する収納術は新しい収納グッズはほぼ不要です。

そして、クローゼットの扉を開けるたびにごきげんになれる収納術です。

お金をかけずにスッキリしてオシャレに収納する方法を知りたい方は、ぜひ読んでいただきたいです。

では、『お金をかけずにスッキリ統一感!ミニマリストのクローゼット収納術』と題して、紹介していきます。

ぜひ、最後までご覧ください♪

 

残す物を選び、それ以外は手放す

まず大前提として、クローゼットの物の量を見直します。

今の自分が使っている物のために収納場所を使いたいと思ったからです。

クローゼットの中が物だらけだったら、収納の中はどうやっても溢れてしまいますよね。

まず、私はクローゼットに収納されている物を全て出し、遠くから眺めてみました。

そして、現在の自分が使っていない服や物は手放しました。

基準は、『今の自分』です。

  • いつか痩せたら着たいと思っている服
  • 修理して身につけたいと思っているネックレス
  • 古いと思っているけど、なかなか捨てられないストッキング

以上のような未来や過去を考えて残しておいたものは、手放すべきだと考えました。

未来の自分は、きっとその時に自分が使いたい物を用意するのでは無いかと思います。

未来のことは未来に任せて、今の自分が使っている物や使いたい物を中心にクローゼットの中身を見直してみました。

 

『ミニマリストひよこ』のクローゼット公開!

私のクローゼットを公開します!

今まで物で溢れていたクローゼットを卒業し、スッキリとした使いやすいクローゼットを目指しました。

ズボラな私は掃除が苦手です。

埃がたまりがちなクローゼットは、とにかく掃除が楽になるように意識しました。

ちなみに、この収納術にかけたお金は「0円」です。

以前から持っていた種類がバラバラの収納ボックスやアクセサリーケースを使っただけです。

同じ種類の収納ボックスを大量に用意しなくても、自分が持っている収納ボックスや収納グッズを使えば誰でもできる収納方法です。

以下で詳しく説明していきます。

 

ディスプレイするように収納する

私のクローゼットの収納方法として、意識しているのはお店のディスプレイみたいに、飾るように収納する』です。

高級ブティック店の陳列棚をイメージしています(あんまり行ったことない笑)

高級ブティック店は、商品と商品の余白を空けていて、飾るように陳列していますよね。

私も、自分のクローゼットの中の物と物の間に余白を開けて、飾るように収納してみました。

 

クローゼットの扉を開けるたびに嬉しくなれる

クローゼットは、洋服を取り出したり、帽子を取り出したりするなど、毎日使う物ですよね。

私は、クローゼットの扉を開けて自分のお気に入り空間が広がっていると、その日一日ご機嫌になれます。

面倒だった洋服選びも、キレイなクローゼットだと楽しくなりますよね。

洋服自体も選択肢が少ないので、着なくなる服もなく、全体的に満遍なく着れます。

古くなったら手放して、新しい洋服を購入する、というローテーションを回しています。

毎日クローゼットの扉を開けるのが楽しみになります♪

 

余白があれば、物を取り出しやすい

物と物の間に余白があると、物が取り出しやすいです。

物が隣同士くっついていると、物を取り出すときに引っ掛かって取り出しにくいですよね。

カバンも余白をとって収納しているので、必要なときにすぐに取り出すことができます。

カバンも今の自分が使いたいものだけを選んで、残りは手放したので、余白をとって収納できるようになりました。

余白をとることで、見た目も美しくなり、物を取り出しやすくなったのです。

ひよこ
ひよこ

クローゼットに余白があると、心にも余裕ができて収納が楽しくなりますよ♪

 

本の冊数は制限をかける

本を読むことが大好きです。

だから、本をすぐ買っちゃうんです(笑)

私と同じように、漫画や本を大量にクローゼットに収納している人も多いですよね。

私も、以前は紙の本をクローゼットに収納していましたが、買えば買うほど溜まっていく(当たり前)

私が現在使っている本立ては、ダイソーの物です。

これは、本立てに収納できる本の冊数が決まっています。

そして、何より100均とは思えないくらいオシャレで、作りがしっかりしてる。

本立ての冊数以上は本は持たない。売る。

こう決めてから、本も大量に手放すことができました。

 

収納ボックスは最小限で、ラベリングはしない

収納ボックスは必要最低限しか使用せず、細かくラベリングして分けたりもしていません。

理由は、面倒くさくてお金もかけたくなかったからです(笑)

収納術といえば、同じ種類の収納ボックスが大量に並んでいて統一感がある写真を見たことがあるかもしれません。

私も実践しようとしたことがありますが、収納ボックスを並べると、『何を入れようか』と考えてしまうんですよね。

その考えが出てくると、結局物が増える…。

収納を増やすということは、物を置く面積が増えます。

物を必要以上に増やしたくなかったので、収納ボックスは最小限に抑えて、物を直接置くようにしました。

ラベリングは、私が面倒くさくてやっていません。

『決まった場所に収納しなければいけない』という制限をかけたくなかったのも理由の一つです。

 

クローゼットの床には何も置かない

クローゼットは、帽子や防寒具、服などが収納されていて、寝室にあることも相まって埃がたまりやすいですよね。

でも、掃除は面倒くさい。

そんなズボラな私は、心に決めました。

ひよこ
ひよこ

クローゼットの床には物は置かない。我が家のルンバちゃんの通り道にしよう。

クローゼットは物を収納する場所ですが、限界まで物を詰め込まなければならないというルールは有りません

床にチェストを置かず、全ての服を吊す収納にしたことで、床掃除をする際にお掃除ロボットがクローゼットの中を掃除できるようにしました。

床はルンバに掃除を任せて、棚部分だけ埃を取れば良いので掃除がとても楽です。

棚部分も物が少ないので、移動させるのも簡単です。

掃除が苦手なら、物を減らして掃除を楽にしてみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

以上が、ミニマリストになってからの私のクローゼットの収納術です。

総じて言えるのは、物を減らせばお金もかからず掃除が楽になるということです。

ズボラでケチな私にとって、ぴったりの収納術でした。

インスタグラムやネットで収納術と検索すると、収納ボックスがずらりと並んで、統一感を出していたり、ラベリングして分けて収納していたりしていますよね。

使ったら戻すという当たり前の習慣が全く身につかなかったズボラ女なので、物が多いと結局元に戻すのが面倒くさくて、部屋が散らかりました。

物を減らし、クローゼットに物を片付ける手間を簡単にしたことで、統一感を出すことができました。

ひよこ
ひよこ

私は新しい収納ボックスを買っておらず、持っていた収納グッズで済ませたので、

かけたお金は0円です(笑)

クローゼットの収納術に正解はありません。

皆さんも、自由にクローゼット収納を楽しんでみてくださいね♪

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました